春日市文化協会

春日市文化協会

春日市文化協会 会員紹介

春日盆栽クラブ
団体名 春日盆栽クラブ
紹介  「盆栽」とは何か。
簡単に説明すれば、「鉢(盆)の中で自然の大木を想わせる古さ、雄大さ、美しさを凝縮した樹木」だと云われています。
「盆栽」の歴史は古く、鎌倉時代の「春日権現験記絵巻(国宝、宮内庁所蔵)に見事な盆栽が描かれています。
鎌倉、室町時代には日本の文化である「茶の湯」や「能」が広く受け入れられ、同時に「盆栽」も公家社会から武士の聞に急速に広まり現在に受け継がれているようです。
緑豊かな自然を求め何かに心の癒しを求める風潮が強まる昨今、手軽に楽しめ長く付き合える「盆栽」は、今や年寄りの趣味にとどまらず若者や女性にも愛好家が増えています。
さらに海外でも「盆栽(BONSAI)」は「柔道(JUDO)」に次いで最もポピュラーな日本語として知れ渡るほど盛んになってきているようです。
「春日盆栽クラブ」では黒松、五葉松、真柏などの松柏類を主体としてモミジや楓などの雑木、皐月や梅などの花物、林檎や柿などの実物も盆栽に仕立て、さらには四季折々の山野草なども取り入れて、クラブ会員全員が和気あいあいと、これらの日々の培養・管理、手入れの仕方などを学んでいます。
このクラブは、元中央公民館長をされた亀井勇氏の呼びかけで昭和45年5 月に結成されたのが始まりで、40年以上も続いている盆栽愛好会です。
あなたもこのクラブで、私たちと一緒に盆栽をやってみませんか。


   このエントリーをはてなブックマークに追加     Yahoo!ブックマークに登録   LINEで送る