春日市文化協会

春日市文化協会

春日市文化協会 会員紹介 春日市社交ダンス同好会

春日市茶道協会
団体名 春日市茶道協会
紹介 昭和57年から春日市教育委員会の事業で、自主学級として社交ダンスが開設されました。
近年では、平成7年社交ダンスを取り扱った映画「シャル・ウィ・ダンス」が大ヒットし、続いてアメリカ版が放映されて中高年の社交ダンスブームにななりました。
始めは男女の数合わせの付き合いで始めたのですが、年々過ぎるうちにいろんな事の効用が理解されてきました。

①中高年の下半身の鍛練、特に第2 の心臓といわれている足の運動。

②音楽を聴きながら楽しく一定の時間同じ速さで運動量を消化する。

③運動量を加減し、時間の調節も容易で気軽に取り組める。

④一定の時間正しい姿勢を保つ訓練によって、日常生活によい効果が現れ身のこなしが美しくなる。
⑤体全体の運動神経がよくなり、体全体を支配する感覚が向上する。

⑥各会場を多く訪れ、体験が洗練された社交性が身につく。

⑦他人やパートナーを尊重し、ルール、マナーが自然に身につく。

⑧地位、年齢等関係なくパートナーシップができ、劣等感をもつことがない。

⑨人間関係、交友関係におおいに役立つ。

⑩清潔、おしゃれなセンスが身につく。

⑪精神的な浄化作用の効果、リズムに合わせて体を動かすことによって、質の高い精神的な満足感が得られる。

⑫体全体でリズムの快適さを得て、ストレスの解消に絶大な効果有り。

 人と人との交流の輸の中で新しい出会いを生み出し、音楽を楽しみながら社交を目的とした優雅な文化です。これからの人生をより豊かにしてくれる余暇
文化として、生涯スポーツとして楽しみ、体力とキャリアに応じてマイペースで少しずつレベルアップできればと思います。

「足は第2 の心臓」といわれ、足を使ったダンスは心臓機能を高め、足の筋肉の血管の収縮運動を活発化させ血行をよくし、また呼吸する回数が増大し酸素吸収量が増大し、大脳の血のめぐりをよくします。よい姿勢は社交ダンスの基本で、背筋をピッとのばすので、日常生活でも自然と姿勢がよくなります。







   このエントリーをはてなブックマークに追加     Yahoo!ブックマークに登録   LINEで送る