春日市文化協会

春日市文化協会

春日市文化協会 会員紹介 春日市水墨画連盟

春日市水墨画連盟
団体名 春日市水墨画連盟
紹介 春日市は、平成4年4月高齢者大学を開講し、水墨画教室は2年間の学習過程で募集をし、始まりました。
平成8年4月、2年間の学習を終了した水墨画愛好者が集まり、会名を「水墨画OB 会」として発足し、大国先生を講師に迎えました。会員も年毎に増え28名となり、会員の賛同を得て、平成16月春日市文化協会に加入しました。
春日市は平成17年度で高齢者大学が廃止と決まり、会名を「墨遊会」と改訂し定員を30名としました。
講師は会員の希望を聞き年度計画を策定しています。毎月2
回(第1 ・第3 金曜日)の技能学習の中で年4 回館外スケッチが組み込まれています。教室で作品を仕上げ展示し、講師から指導を受け、また称賛も受けています。

毎年春日市文化祭へ出品と年賀絵の館内展示のほか、3 月初め2 週間クローバープラザで年間の主作品を展示しています。
作品の画法はそれぞれ個性があり、お互いが描き方など意見を交わし技術を磨いていて、教室は講師のもと全員が和やかなムードで楽しく学んでいます。







   このエントリーをはてなブックマークに追加     Yahoo!ブックマークに登録   LINEで送る